お薦め映画&DVD☆観たい映画DVD特集最新の記事

パコと魔法の絵本のあらすじと評価

パコと魔法の絵本

パコと魔法の絵本の詳細

パコと魔法の絵本 あらすじ

昔々、あるところに、変わり者ばかりが集まる病院がありました。その病院は、患者だけでなく、医者や看護師まで変わってました。

その中でも、とりわけ変わっていたのが1代で会社を築いた大貫であった。大貫のわがままは病院でも有名であり、嫌われ者でもあった。

そんな病院でも、唯一純粋だったのがパコであった。パコは交通事故により、1日しか記憶が持たないのであった。

パコの病気のことを知ると、大貫は毎日パコに絵本を読んであげていた。わがままだった大貫がかわりはじめたのである。

ある日、大貫は絵本を芝居にして、パコに見せることを思い立つ。そして、病院のみんなに声をかけるのだが・・・。

パコと魔法の絵本 スタッフ・キャスト


監督
中島哲也

原作
後藤ひろひと

音楽
ガブリエル・ロベルト

脚本
中島哲也
門間宣裕

出演
役所広司(大貫/ガマ王子)
アヤカ・ウィルソン(パコ)
妻夫木聡(室町/ザリガニ魔人)
土屋アンナ(タマ子/メダカちゃん)
阿部サダヲ(堀米/ヤゴ)
加瀬亮(浩一/アメンボ家来)
小池栄子(雅美/沼エビの魔女)
劇団ひとり(滝田/サカナ)
山内圭哉(龍門寺/ミズスマシ君)
國村隼(木之元/ガマ姫)
上川隆也(浅野/タニシ)
貫地谷しほり
彦摩呂
後藤ひろひと
林家ペー
林家パー子
ゆうたろう
松本さゆき
デヴィ・スカルノ
クリスチャン・ラッセン
木村カエラ

パコと魔法の絵本 個人的な感想

パコと魔法の絵本は、笑いあり感動ありでおもしろいんです。思わずDVDで買ってしまったくらいです。

題材にしてるが『博士の愛した数式』と同じ記憶が持続できないという病気。パコは1日だから、博士よりはちょっとマシかもしれないですね。まぁ?細かいことは置いといて・・・

監督は、『下妻物語』『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督。この監督の映画は個人的に大好きなんです。

それがあるから入り込めたのかもしれませんが、大げさな演技やメイクは人によっては入り込めない原因になるかも・・・

シンプルな話を、よくこれだけ膨らますことができたなぁ?ってのが率直な感想です。それと、絵本仕立てで物語が進んでいくってのが斬新ですね。

賛否両論ある映画ですが、私はかなりおすすめできる映画の一つです。子供がいる人は一緒に観るのもおすすめできます。

パコと魔法の絵本 評価

★★★★☆

パコと魔法の絵本 予告動画

パコと魔法の絵本をもっと詳しく知りたい人はこちら

お薦め映画&DVD☆観たい映画DVD特集について

お薦め映画とDVDを特集するこのサイトでは、星の数で映画&DVDを紹介。映画DVD好きにはたまらないサイトになるはずです。