Top > 実話 > ルディ(涙のウイニング・ラン) RUDYのあらすじと評価

ルディ(涙のウイニング・ラン) RUDYのあらすじと評価

ルディ(涙のウイニング・ラン) RUDY

ルディ(涙のウイニング・ラン)の詳細

ルディ(涙のウイニング・ラン) あらすじ

イリノイ州の鉄鋼の町ピッツバーグで育ったルディ。彼の夢は名門ノートルダム大学でフットボールチームの一員になることであった。

しかし、体は小さく、学力は並。その上、鉄鋼で働く父に大学に行かせるだけのお金がない。

ルディにとって、ノートルダム大学でフットボールをすることは、夢のまた夢であった。

そんな彼も高校でフットボールチームの一員として頑張り、卒業を迎えることとなる。そして、父や兄が働く鉄鋼の工場で働くことに。

しかし、夢を捨てきれないルディは、給料を貯めて大学に行く資金にすることを、大親友であるピートにあかす。

ピートだけが彼を理解しており、大学に行く夢を兄も婚約者であるシェリーも相手にしてくれない。

そんなある日、大親友であるピートが仕事中に事故にあい亡くなってしまう。

唯一の理解者がいなくなり絶望の淵にたたされるが、ルディの中である決意が固まった。

夢を叶えるため、すべてを捨ててノートルダム大学でフットボールをする。すぐに大学に進学することを目指しノートルダムに向かうが・・・

ルディ(涙のウイニング・ラン) スタッフ・キャスト

監督
デヴィッド・アンスポー

製作総指揮
リー・R・メイズ

音楽
ジェリー・ゴールドスミス

脚本
アンジェロ・ピッツォ

ショーン・アスティン(ルディ)
ジョン・ファヴロー(D・ボブ)
ネッド・ビーティ(ダニエル)
クリストファー・リード(ピート)
チャールズ・S・ダットン(フォーチュン)
リー・テイラー=ヤング(シェリー)
ロバート・プロスキー(カヴァナー神父)
グレタ・リンド
ヴィンス・ヴォーン
エイミー・ピエッツ
ジョン・ビーズリー

ルディ(涙のウイニング・ラン) 個人的な感想

ルディって映画は、実在の人物であるルディ・ルティガーの実話を元に作られたのですが、私が好きな映画NO.1にずっと君臨し続けている大名作なんです。

何度観ても涙が止まらない。まさにツボな映画なんです。もちろんDVDを購入して、何度も何度も観ています。

フットボールっていうスポーツが関係してくるから、好みは分かれるところですが、フットボールなんて知らなくても感動できます。

映画の内容にあんまり関係してこないですから、女性でも楽しめるはずですよ。

最後は画面の前で、『ルディ、ルディ、ルディ』って叫んでいるはずですよ(笑)

夢を目指している人は必見です。本当におすすめなので、是非1度ご覧になってみてください。

ルディ(涙のウイニング・ラン) 評価

★★★★★

ルディ(涙のウイニング・ラン)をもっと詳しく知りたい人はこちら

実話

関連エントリー
ルディ(涙のウイニング・ラン) RUDYのあらすじと評価ワルキューレ VALKYRIEのあらすじと評価チェンジリング CHANGELINGのあらすじと評価ニュースの天才 SHATTERED GLASSチェ 39歳 別れの手紙 CHE: PART TWO/GUERRILLAチェ28歳の革命 CHE: PART ONE/THE ARGENTINEシンドラーのリスト 評価とあらすじアメリカン・ギャングスター AMERICAN GANGSTER 評価とあらすじ明日への遺言ルディ(涙のウイニング・ラン) RUDYのあらすじと評価